求人広告を見て自分が出来そうな仕事を探そう

幅広いターゲットに向けた求人広告をつくる

幅広い業務

獲得・営業系のテレマーケティング

営業代行や契約獲得系のテレマーケティングの電話がよくかかってくることはありませんか。その際、煩わしいと感じることもありますよね。では、なぜ、営業代行や契約獲得系のテレマーケティングを煩わしいと感じてしまうのか、その理由についてお話しします。2000年代初め、数多のテレマーケティング会社が勃興し、一時は地方都市にはコールセンター銀座なるものが沢山乱立するトレンドがありました。その後、淘汰が進み、獲得・営業系で残っていったのは、光通信社を源流とするテレマーケティング会社が多かったのです。光通信は東証一部上場の優良企業ですが、様々な商材を力強く売る、営業力の強さが短期間で大企業に育てた原動力になっております。その会社の血を受け継ぐ会社であれば、営業力が強いのも納得ができますよね。そのため、獲得・営業系のテレマーケティングには光系を活用する企業が多い状況になっているのです。

大手固定通信事業ののコールセンター業務

テレマーケティングによるサービスの請負業務の幅は本当に広いものです。ある大手のテレマーケティング会社では、固定通信事業の大手企業のカスタマーサーポートからテレマーケティングによるCRM戦略や新商品の提案など、本来は委託元の企業が考えに考えて実施するような業務についても包括的に委託し、委託元企業は固定通信事業を如何に素晴らしいものにするかを検討することに専念ができるような方法のテレマーケティング業務全般の業務委託もあるようです。これだけの業務になるとその投資額も半端でない金額になっております。IRでも発表されておりますが、総額1,280億円もの投資が行われております。極めて稀な案件ではありますが、テレマーケティングといえどもそのすそ野はとてつもなく広いことを表す案件ではないでしょうか。